イージス恋愛魔法魔術学校

イージス恋愛魔法魔術学校は、恋愛を核に実践で役立つ情報を提供する、WEBサイト上及び実際のスクールです。

info@renai-mahou.com
イージス株式会社

【第23講座】『現実』を変える力

【第23講座】『現実』を変える力

このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちがたった今『現実』と呼んでいるものとは一体何かのう? 

外で起こる出来事の状況そのものじゃろうか? 

ある出来事が起こった時、Aさんの反応とBさんの反応が違うように、同じ出来事が起こったとしてもAさんが感じている現実とBさんが感じている現実は違うのじゃ。 

例えば、足を骨折してしまったとする。

一見不幸な出来事じゃな。一般的には嘆くじゃろう。 

Aさんは「なんて自分はついていないんだ」と現実を感じている。

しかし、Bさんは「この骨折には意味があるに違いない。働きすぎの身体を労わるためにいただいた、しばしの休憩かもしれない」と現実を感じている。 

私たちが『現実』と呼んでいるものは、自分の解釈次第、感じ方次第でいくらでも変わってくるものじゃ。 

そして先ほどのAさんじゃが、骨折してしばらく入院することになった。

その後、入院先で面倒を見てくれていた看護師さんと恋仲になり、2人は付き合うようになったとする。

そこでのAさんは「なんて自分はついているんだ」と現実を感じているかもしれぬ。かつて骨折した時に「なんて自分はついていないんだ」と感じていた現実をすっかり忘れてしもうてのう。 

過去の『現実』が変わった瞬間じゃな。

まさに“ことわざ”にある『塞翁が馬』じゃ。 

未来から過去や現在を振り返ってみた時、『現実』の意味が変わる。

『現実』の意味が変わるということは、もはや過去そのものが変わったといっても過言ではないのう。 

私たちが、『現実』と呼んでいるもの、それはその時その時に自分が感じていることそのものなのじゃ。意味付けが『現実』を変える。

だから解釈や感じ方を変えれば『現実』は変わったと言ってよい。 

人生は常に能天気な解釈の方が、よりハッピーに生きられるかもしれん。 

たとえ振られたとして落ち込んでいたとしても、それは新しい出会いの始まりかもしれぬ。人生はハッピーエンドでできておるのじゃ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です