イージス恋愛魔法魔術学校

イージス恋愛魔法魔術学校は、恋愛を核に実践で役立つ情報を提供する、WEBサイト上及び実際のスクールです。

info@renai-mahou.com
イージス株式会社

【第14講座】前提の力

【第14講座】前提の力

このエントリーをはてなブックマークに追加

既に知っているとは思うが、言葉には力がある。 

言葉を巧みに使えば、私たちが意識できる顕在意識においても、また、普段は意識できていない潜在意識においても、より深いメッセージを相手に届けることができるのじゃ。 

例えば、次の二つの質問を見ていくとする。 

A「あなた、私に興味ある?」

B「あなた、私にとっても興味ある?」 

AとBの文章の違いは“とっても”という言葉があるかないかの違いじゃが、どちらも「はい(YES)」か「いいえ(NO)」で答えられる質問になっておる。 

Aの質問をした場合、質問された側は「興味がある」か「興味がない」かのどちらかに意識と無意識が導かれるが、Bの質問では「とっても興味があるか?」が問われているため、「はい」、「いいえ」のどちらで答えたとしても、無意識に“私に対する興味”が誘導されるのじゃ。 

Bの文章パターンは、いわゆる“前提”と呼ばれているものじゃ。 

この時、前提が相手に気づかれないほど、潜在意識領域にメッセージが届くため、高い効果を発揮するのじゃ。 

言うておくが、前提は想像以上に強力な言語パターンじゃぞ。 

普段私たちは何気なく、意識せずにこのような言葉を使っておるが、言語の「パターン」と「構造」を知った上で、意識的に様々な言葉を投げかけることで、相手の意識そして無意識に様々な変化を創り出していくことができるようになるのじゃ。 

恋愛においても、そのコミュニケーションの大半は言語じゃ。 

だから様々な言語パターンを学び、言語を巧みに使うことができるようになれば、より自分に関心を持ってもらったり、相手を前向きに変化させたり、勇気付けたりすることができるようになる。 

確実にな。 

言語には「パターン」と「構造」があるため、それを知り学ぶことで、誰もが新しい言語パターンを習得することが可能じゃ。 

つまり、新しい言語スキルを身につけることができるということじゃ。 

ただ、新しいものを身につけるためには、繰り返しパターンを学ぶ必要があるがのう。 

ところで最後に質問じゃが、 

「イージス恋愛魔法魔術学校で、恋愛に使える言語パターンをもっと学びたいかのう?」 

もし興味があるようなら、課外講座も用意しておる。 

開催時にはインフォーメーションで告知するからのう。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です