イージス恋愛魔法魔術学校

イージス恋愛魔法魔術学校は、恋愛を核に実践で役立つ情報を提供する、WEBサイト上及び実際のスクールです。

info@renai-mahou.com
イージス株式会社

【第9講座】人は眼に触れるものを欲しがる

【第9講座】人は眼に触れるものを欲しがる

このエントリーをはてなブックマークに追加

仲良くなりたい相手がいたとして、その相手と言葉を使って親しくなる前に、距離を縮めるとても簡単な方法があることを知っておるか? 

全く難しくはない。 

それは、相手との接触頻度を高めることだけじゃ。 

人はのう、無意識に見たことのある顔、慣れ親しんだ顔に安心感を覚え、好意を抱いていくのじゃ。 

メディアでよく目にするタレントや芸能人の多くもそうじゃが、目に触れるほど好感度がアップしていく。 

それがたとえ単純な接触でも効果は高く、心理学ではこれを『単純接触の原理』と呼んでおる。 

接触の回数が増えるほど、その人への好感度や親近感が高まることが実験でも証明されておるのじゃ。 

これを恋愛に活かさない手はないじゃろう。 

仲良くなりたい人が現れたら、話しかけられなくとも、可能な限り自分が相手の目に入るようなポジションを取るのじゃ。そうすると、相手は無意識に親近感を抱いてくる。 

国立社会保障・人口問題研究所の2010年の調査によると、実際に結婚した夫婦が出会ったきっかけの約70%は、職場や仕事、友人や兄弟・姉妹、学校を通じたもので、さらに、サークル・クラブ・習いごと、アルバイト、幼なじみ・隣人の出会いを含めると80%を超えることからも分かるように、心理的な距離は物理的な距離と非常に密接な関係にあり、現実には自分の近くにいる人に好意を持ち、恋愛、そして結婚へと発展していくのじゃ。 

それに反して遠距離恋愛を続かせることは難しいと言えるじゃろう。 

意中の人が身近にいたならそれは幸いじゃ。意識的に顔を合わせる機会を作りだすことで、自分自身の好感度を高めることができるのじゃからな。 

『願望はどうして始まる? 願望の対象を探すのか・・・眼に触れたものを欲しがることから始まる』(映画『羊たちの沈黙』、レクター博士の言葉より) 

そう、人は眼に触れるものを欲しがるのじゃ。 

目の前に同じ異性が繰り返し現れたら自然と好きになってしまうかもしれんのう。十分に気を付けたまえ。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です