イージス恋愛魔法魔術学校

イージス恋愛魔法魔術学校は、恋愛を核に実践で役立つ情報を提供する、WEBサイト上及び実際のスクールです。

info@renai-mahou.com
イージス株式会社

【第8講座】愛を失う時

【第8講座】愛を失う時

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛が始まる前に、知っておかねばならぬことがある。 

それは、“愛を失うのはとんな時か”ということじゃ。 

出会いがあれば、別れもある。それは自然の摂理じゃ。 

それは死別や離別かもしれないが、そうでないことも多いじゃろう。 

一般的には浮気をした時に愛を失うことが多いのじゃが、双方の意識レベルに大きな“かい離”がみられると別れがやってくる。世間でいうところの『価値観の違い』じゃ。 

当初は『価値観』が近かった者同士が、互いに生きるにつれ一方が極度の意識の高まりを迎えたり、また他方が意識の低下を招いたりした時に埋められない溝ができ、そこで別れがやってくる。 

これは予め知っておいた方がよいじゃろう。 

さて、さて、もちろんそればかりではない。 

見てはいけないものを見た時にも別れはやってくる。 

『鶴の恩返し』の昔話は知っておろうな。 

「これから、ハタを織ります。ハタを織っている間は、決して部屋を覗かないでください。決して、決して覗かないでください」 

妻にこう言われたにも関わらず、部屋を覗いてしまったばかりに、妻は鶴に姿を変え、夫の元を離れていってしまった。 

日本の神話でもイザナギノミトコが黄泉の国へ旅立ってしまったイザナミノミコトを追いかけて、その姿を見ようとした時に、“決して見てはならぬ”と言われたにも関わらずその醜くなった姿を見てしまったイザナギはイザナミの怒りをかい、追いかけられ、永遠の別れとなった。 

見ていけないといわれるものを見てしまい、永遠の別れがやってくるという物語は世界中の神話を含め枚挙にいとまがない。 

だから見ていけないといわれたものは、決して見てはいけないのじゃ。別れを経験したくなければのう。 

ところで、現代の決して見てはいけないものとはなんじゃろうか? 

それは決して見てはいけないとは言われておらんかもしれぬが、、、、 

現代の見てはならぬもの、、、、それは携帯電話じゃろうて。 

見てはいけないものを見てしまった時、そこには別れが訪れる。 

別れたければ別じゃがのう。。。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です