イージス恋愛魔法魔術学校

イージス恋愛魔法魔術学校は、恋愛を核に実践で役立つ情報を提供する、WEBサイト上及び実際のスクールです。

info@renai-mahou.com
イージス株式会社

【第4講座】全てを手放し、流し続ける

【第4講座】全てを手放し、流し続ける

このエントリーをはてなブックマークに追加

人とはのう、無意識に何かに執着している存在といえる。

何かを忘れたくても忘れられず、頭の中で繰り返し思い出してしまうものじゃ。

しかし、過去の想いにすがっていてはならん。その想いを手放していかねば、次の新しいものが入ってはこぬ。 

自分では、過去の想いを掴んでいないと思っていたとしても、誰しも無意識に握ってしまっているものじゃ。 

だからこそ、手放す必要があるのじゃ。 

人は“愛されたい”、“承認されたい”という欲求がある。自分が正しく(愛されたり、認められたい)という欲求じゃ。これを『正しくある必要性』というのじゃが、これを手放すことにより、エネルギーのバランスが取れてくるのじゃ。 

ではどうやって手放していくか。 

燃えるゴミの日に、一緒に出して燃やしてしまえば簡単じゃが、ひとつは物理的なものに置き換え、それを燃やしてしまうという方法じゃ。 

物理的なものに置き換えるということは何かというと、その想いを紙に書き、物質化するということじゃ。それを、燃えるゴミと一緒に出したり、可能であるならその場で燃やしたりしても良い。 

そうすることで、無意識レベルでもその想いは燃焼され、昇華されていく。 

すると自然と思い出さなくなるわけじゃ。 

また、さまざまな想いを風船に入れ、膨らませ、その風船を“パン”と破裂させてもよい。

気持ちがスッキリするまで繰り返し行えば、もう思い出したくても思いせないレベルになるじゃろう。ビンの中にいれて、そのビンを破壊しても良いが、少し危険な上に処理が困るからやはり風船が手軽で良いじゃろう。 

普段の生活の中でも、もやもやとした漠然とした想いが出てきたなら、もっと簡単で効果的な手段もある。 

それは、 

『私は全てを手放し、流し続けます』 

と声に出して繰り返し宣言するだけで良い。寝る前に声に出せば、その日の夜はぐっすりと眠れるじゃろうし、朝声に出して繰り返せば、その日一日は快適な気分で過ごせるじゃろう。 

たかだか、“声に出す”という単純なことじゃが、想像以上に効果てきめんじゃ。 

失恋の痛手には大いに効く。 

簡単に次の恋に進めるかもしれぬ。 

試してみるがよい。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です